初めてアメリカで働くとなったときに、今まで自分自身が日本で仕事をしてきた経験や、持っている知識・スキル、さらには大学や大学院など学校では何を勉強してきたのか、さらには英語力はどれくらいなのかなどによって、どういった企業が合っているのかはなかなか分からないものだと思います。

転職をする場合には、今まで日本で積んできた経験を活かした同じような仕事をしたいと考えるかと思いますが、職種は同じでも日本とアメリカの企業ではいろいろな違いもあります。

自分で一社一社調べていくことも可能ではありますが、非公開にしている情報などもありますし、すべて調べるには時間がかかりすぎてしまって不効率だったりもします。

そうしたときには、アメリカでの就職をサポートしている会社などとコンタクトをとってみるととても便利です。

アメリカの就職や転職に強い専門のカウンセラーがいて、利用者の希望やキャリアなどから一人ひとりにあったアメリカでの仕事に向けてのプランを作ってくれたりもするのです。

海外での就職や転職をサポートしているエージェントはいくつもありますが、アメリカで働くのであれば、やはりアメリカ求人情報を専門にしていたり、アメリカに強いところ、そしてそのエージェントに登録している企業が多いところを選ぶようにしましょう。

登録企業が多ければ多いほどに、就職や転職のチャンスも広がりますし、さらにエージェントがピックアップしてくれる数も多くなりますから、ご自身での選択肢も広がることになります。