アメリカで就職や転職を考えている場合には、今までどのような仕事についてきたのか、どのようなポジションをこなしてきたのかといったような実務経験が非常に重要視される傾向にあります。

いくら英語力が優れていて、良い学校を卒業していたとしても、それだけではなく実務経験が問われることも多いのです。

日本では、新卒での入社時期は大体決まっていて、毎年ある程度の人数を正社員として雇うことになりますが、アメリカではそういった習慣があまりなく実務経験がない人をいきなり正社員で雇う企業は決して多くないのです。

そのため、アメリカ人の場合には大学や大学院に通っている途中でインターンシップ制度を利用して実際に企業で働いてみたり、パートタイマーとしての勤務をしてみたりといった経験を積むことになります。

こうした経験が実際に正社員としての採用試験を受ける際にも非常に有利に評価されるのです。

ですから、全く実務経験がない方がアメリカで就職したいこと考えている際には、いきなり正社員としての申し込みをするのではなく、まずはパートタイムなどのポジションから始めて実際にその企業の仕事に慣れていく、そして経験を積んでから正社員としてチャレンジしてみる手順を踏むと良いかと思います。

日本で就職や転職サポートをしているエージェントを利用するのであれば、派遣社員として現地で働く方法がとられることもあります。