america-meeting
「アメリカの求人情報」と一口で言いましても学生向け、社会人向け、大手企業、日系企業、ローカル企業、現地採用に、駐在員、など様々なキーワードで探す事ができます。

しかもそれぞれ全くアプローチ方法が異なってきますし入社前後の流れ、ビザの取得、現地での生活も大きく異なります。

これからアメリカ求人情報を探そうと考えている方は、ご自身の今後の人生と仕事の進み方をよく検討したうえで自分にあってるのはコレという求人情報に応募していくようにしたいところです。

ここでは「アメリカ求人情報」を大きく3つに分類してお伝えしていきます。

社会人経験あり、20~40代

当サイトへ訪問される方で一番多いのが、既に国内外で社会人経験が数年あり転職を考えている2~40代のビジネスパーソンです。

働き方としては、駐在員と、現地採用と2種類ありまして、それぞれ使うと良い人材会社が異なります。

駐在員の求人情報

日本で転職活動をして入社の後にアメリカ赴任となります。籍は日本にありますのでビザの手配は会社持ち、給与も高め、住宅や移動の費用も心配ありません

大手企業のリーダー、管理職、将来の幹部候補、英語と米慣習を熟知している人材などが選ばれます。入社してスグに渡米するようなアメリカ求人情報も少ないですが見つかります

IT・商社・流通・メーカーの他、最近ではファッションや飲食業界での店舗管理者の求人情報も見られるようになりました。

リクルートエージェントがおすすめ

osusume1

アメリカの求人情報を探すならまずこちらに登録しておくことをおすすめします。既に社会人経験のあるグローバルな人材、バイリンガルな人向けの転職支援を行ってくれます。

日本の大手会社と繋がりが多く取引数も多いです。特にアメリカなど海外向けの求人情報ですと非公開にされるのが普通です。
それを開示してもらえるメリットが大きいですね。

パソナキャリアも活用を

osusume2

もう1つの人材紹介会社です。「パソナ」といえば古くから海外求人情報を扱ってきた会社ですのでアメリカ求人情報も打診する事ができます

普通は転職すると年収が下がる傾向がりますが、パソナキャリアの活用で年収アップする方が多いですね。

現地採用の求人情報

自己責任で渡米して就職活動を行います。アメリカにある日系企業とローカル企業の求人情報を収集して、日本国内にいる間に書類を通しておきましょう。

書類が通れば渡米して面接を2社~5社などこなしていくバイタリティが必要です。最近ではネットで面接してくれる企業も増えてきました。

また日本国内で海外むけのセミナやイベントも開催されるので、そこに登録するのも1つの手段となります。

就労可能なビザ取得に協力してくれる日系企業を探すのが近道です。アメリカの地場企業ですと既にビザを持っている人を対象としてしか求人情報が出ていない事が殆どです。

パソナグローバルが良いでしょう

osusume3

上で紹介した同じグループ会社で、現地採用向けと言えます。就労ビザを持ってない方でも登録できます。日系企業の求人情報を多く扱っているのでアメリカに移住して生活したいと考えている方ならまずは使ってみてください。

919USAは在住者むけ

osusume4

こちらも現地採用のための人材紹介会社です。歴史あるアメリカでの就職・転職支援をしてきた会社でこの業界では有名です。日系企業の他、米企業との取引数も多いです。既にアメリカにて生活してる方、就労ビザ保有者が有利です。

短大卒以上の若手、社会人経験無し

今スグにでもアメリカへと考えているなら留学でのプラクティカルトレーニング制度の活用または、インターンシップ(研修制度)で米企業に雇われて有償で働く事が可能です。ビザ取得のために数十万円かかります。

WORK USAの活用がおすすめ

osusume5

非営利団体が運営しているサイトです。私たちはお金を支払ってOPT企業の求人情報を紹介してもらったり、ビザ申請のための支援をしてもらう事ができます。

アメリカに行くのではなくて、日本に居ながらアメリカ企業(いわゆる外資)にて働く

アメリカが好きな人はアメリカで働けばいいけど、家族もいるし・・・日本で生活したいという方もいらっしゃいます。

日本の会社とは文化が違いますし自分の裁量で仕事が出来て評価制度も公平な会社で働きたい方は多い。

女性でも日本の会社よりアメリカの会社が気にいる方は多いですよね。

そのような場合は日本に進出しているアメリカ企業の求人情報を探す事となります。

最近は外資系を専門とした人材紹介会社が増えてきました。たくさんあるので幾つかピックアップしておきます。

リクルートエージェントも使えます

先ほども出てきましたが外資系も専門として扱っています。レジュメ作成や面接対策などネイティブからアドバイスが貰えるのはメリットです。

JAC Recruitmentの外資転職

osusume6

アジア転職と、国内の外資系転職におすすめなのがこちらです。アメリカ企業の求人情報も保有、やはり書類と面接のノウハウに強みありです。

他にもたくさんあるんです。DODA、アデコ、マイナビ、パソナ、アージスジャパン、etc。まずは取引企業数が多い上記2社で使ってみてそれでも無ければ他の人材紹介にも登録していけば良いと思います。